価格を把握 | 住宅を選ぶ|一生利用するモノになるため納得できる物件を手に入れろ

住宅を選ぶ|一生利用するモノになるため納得できる物件を手に入れろ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Home-Relax

価格を把握

500万円の差であれば光熱費の差で回収できる可能性

30坪程度の都心部で一般的な一戸建てを注文住宅で建てる際の相場は、質の高いハウスメーカーだと2000万円強。平均的なハウスメーカーで1000万円台後半、安いメーカーであれば1000万円強程度で建てることもできます。また、無名のメーカーが建売で売っている戸建はだいたい安いメーカーの相場観で戸建を建築していると考えられます。これで見ると平均的なハウスメーカーと高品質なハウスメーカーで500万円の差となります。これを現在の平均的な住宅ローンの金利で35年ローンを組むと考えれば、月々の支払いで15,000円程度の差となります。実はこの15,000円程度の差は、質の高い木造住宅のハウスメーカーで高気密・高断熱の家を建てれば、光熱費の削減分で賄える可能性があります。

高品質の木造注文住宅の特長

昨今の質の高い木造の注文住宅は、構造上気密性や断熱性が極めて高くなっています。ですので、夏や冬にエアコンや暖房器具を常時稼働しなければいけないといったことはありません。これだけで光熱費は下がるわけですが、加えて注文住宅の場合、建築段階で燃料電池や太陽光発電などの自家発電により電気代を削減できるシステムを自由に導入することができます。これらのサービスは自治体などから補助金が出る者も多いですし、住宅ローンの中に組み込めますから、ローンを組んでも35年ローンであれば月々の追加負担はわずかな金額になります。これらのシステムと高気密・高断熱の注文住宅の品質の相乗効果により、光熱費の大幅な削減が可能になるのです。同じお金を払うなら、光熱費よりも注文住宅の建築費用に充てた方が快適な生活が送れます。しかも光熱費は住み続ける限り負担することが必須ですが、住宅ローンは終わりが来ます。注文住宅を建てるのであれば光熱費とセットで考えてハウスメーカーを検討することが肝要なのです。