資金繰りのピンチを回避

男女

適正な手数料を見極める

ファクタリング会社を選ぶ基準としては、手数料や買取可能額、資金調達までの期間や審査の厳しさなどが挙げられます。ほとんどの方が最初に注目するのは、わかりやすい手数料の額かもしれません。もちろん手数料は安ければ安いほど有利になりますが、あまりにも相場から離れすぎた手数料率には注意してください。最初に安い手数料で客を引き寄せ、後から色々な理由をつけて料率を引き上げる業者があるからです。一般にファクタリングの手数料は15〜25%程度が相場と言われています。売掛金の条件にもよりますが、契約を結ぶ前には内容を十分に吟味しましょう。体力のあるファクタリング会社は買取可能額も大きくなりますが、少額でも丁寧に対応してくれる会社は良心的といえるでしょう。申込から資金が調達できるまでは、審査などがあるため数日かかるのが普通です。なかには即日入金できる会社もありますが、担保や保証人を取るような業者は原則的に違法です。ファクタリングは融資ではないので、これらは必要ありません。反対に、申込から何日経っても連絡を寄越さないような業者も問題外といえます。ファクタリングを利用するのは資金繰りがピンチになったときが多く、慌てて詐欺まがいの業者や条件の悪い業者と契約してしまうことがあります。しかしピンチの時こそ落ち着いて、色々な業者をよく比較してみることが大切です。比較サイトなどを利用して、優良な会社を見つけてください。

Copyright© 2017 介護事業に参入したいなら|やさしい手のFCサービスを利用しよう All Rights Reserved.