支援を受けて独立する

老人と介護士

介護業での独立開業

やさしい手は平成5年に設立され、現在は全国で多くの店舗を展開する訪問介護事業を手掛ける法人です。地域に密着した介護事業をメインとして行っていますが、このやさしい手は自ら介護事業を手掛ける以外に、コンサルティング事業としてフランチャイズの店舗の支援を行っています。このやさしい手の開業支援サービス事業はまずは開業希望者にセミナーを実施しています。そのセミナー参加後には事業についてのマニュアルやノウハウの提供、スタッフの採用や指導、さらには事業所開設におけるサポート指導、地域医療機関との連携方法等を支援します。これをやさしい手はsv支援と呼びますが、業務ごとにきっちり支援するのが特徴です。また開業後svの訪問によるフォローアップや訪問指導なども継続します。この他に重要なポイントとしては運営オペレーションの為の情報システムの活用方法についても指導します。開業後は特に運営オペレーションが経営上重要な要素になりますので、このシステム導入により生産性の拡大や業務の効率化が行えます。開業すれば開業後に様々な悩みが出てくる上に、売上を増加させる事が命題となります。この点についてもやさしい手のコンサルティング事業の支援を継続的に受ける事で解決する事が出来ます。このように開業にあたっては今までの実績や経験を積んだ指導を受ける事で間違いない経営や失敗しにくい経営が可能となります。開業から経営が軌道に乗るまでを一連の流れで任せる事が出来るのが開業支援のポイントです。

Copyright© 2017 介護事業に参入したいなら|やさしい手のFCサービスを利用しよう All Rights Reserved.