住宅を選ぶ|一生利用するモノになるため納得できる物件を手に入れろ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Home-Relax

神社や仏閣

宮大工のとはどういったものかについて

日本全国の都道府県各地には神社や仏閣などの建物が存在するが、こういった神社や仏閣の建物を建てる技術は特殊であり、通常の大工ではなくて宮大工と呼ばれる職人たちによって建てられている。 宮大工とはどういった職業かというと、神社仏閣やお城などを専門にした大工である。 全国のお城の補修や神社やお寺などの補修などを行っているのだが、国の重要文化財や国宝、例えば最近で言えば姫路城の補修工事などが記憶に新しいだろう。 ただ、宮大工というのは国や地方自治体の依頼で仕事をすることが多いのだが、一般のお寺などの建設や補修も行っている業者もあるので、そういった一般の神社仏閣などの建築や補修を依頼することは可能であると思われる。

一般的な工賃の値段などについて

宮大工というのは通常の大工とは違い、神社仏閣などを専門にしているため大工としての高い技術が求められます。 また一口に宮大工と言っても様々で国から依頼された仕事、例えば国宝や重要文化財などの建築や補修専門の業者もあります。 宮大工の技術などは師から弟子へと口伝で伝えられるため、以前は全国に数百人いたそうだが現在では継承者が数十人に減っているそうである。 このように宮大工の技術を受け継ぐ人たちが減ってきているため、貴重な存在になってきている宮大工なのだが、一昔前と比べて仕事も減ってきているようだ。 そのような仕事の減少などから、一般的な宮大工の工賃は一人当たり18000から高くても30000円くらいと言われていて、全盛期と比べるとずいぶん安くなってしまったようである。